mysticdiary

更新はLittleDreamでしています。右のバナーからどうぞ

東京大学総合研究博物館

前に、東京大学博物館小石川分館を見に行って、その帰りに本郷により、東京大学博物館も行ってきたことがある。(本題とはずれるけど、東京大学は散歩コースに最適!きれいだし、広々してて、建物も重厚、もちろん安田講堂も!赤門も名所だけど、正門はお城の門みたいだよ~。ここはどこ?日本なの?って感じ)

tokyohakubutu2.jpg


正しくは東京大学総合研究博物館で、東京大学のすごいはじっこにある。赤門から入ると近いけど・・。ちなみに敷地のはじっこの方では、くずれかけたレンガの塀がそのまんま一部残ってて、博物館はそこからも入れる。

さて、博物館はタダで入れる。間口が意外とせまいけど、入り口の薄暗い感じが結構期待させるものがある。展覧会はマニアックなものが多いので、散歩がてらブラブラ来ちまった人とか、ピンポイントで来る人だけだろうと思う。管理人がたまたま行ったときは、「維新とフランス」展であったが、古~い写真(明治時代とか江戸時代のサムライとか)が大量に展示してあった。しかし管理人が興味をひかれたのは、展示物よりも展示の仕方とか、照明とか、展示棚のデザインとかなのであった(笑)。

tokyohakubutu.jpg




奥へ進むと常設展示になっているのだが、ここがヴンダーカンマー好きはおそらく気に入るであろうスペースになっている。展示棚もアンティークでかっこいいし、中心には古~い地球儀などが鎮座しており、博物画もみれるし、すわりごごちの良いソファーも置いてある。展覧会で疲れた人は、ここへ座ってしばしヴンダーカンマーの世界に浸りながら、休憩することができるであろう。(飲食は×だけどね)
個人的には小石川分館より雰囲気はいいような気がする・・。管理人はこっちの方が気に入ったかも。

注:追記
HPを見たところ、常設展示は期間ごとに変わるようなので、雰囲気も上記のようではなくなっている可能性が・・。しかし展示のセンスのよさは相変わらず。
関連記事
baorin

いつも超ド近眼眼鏡をかけています。ああ、視力が良くなりたい・・・。好物はおすしです。性格はずぼらで人見知りです。こわい人がきらいです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://mysticdiary.blog.fc2.com/tb.php/81-9bae3fbf
← バラクライングリッシュガーデンに行ったけど・・・ → 第9弾ができたど~!