mysticdiary

更新はLittleDreamでしています。右のバナーからどうぞ

ノルウェイの森(えいが)を観た

今週は盆休みで暇だったので、itunesから「ノルウェイの森」を
ダウンロードしてipodで鑑賞してみました。
原作はむか~し読んでいたので、今回の映像化はけっこう気になってました。

んで、感想だけど、けっこううまく映像化できてるんじゃないかと思います。
小説のイメージを損なうことなく、きれいにまとまっている感じでした。1960年代の
感じもよく出てたと思います。
とくに緑役の水原希子ちゃんは、はっとするようなかわいさがありますね。
緑にぴったりでした。
直子役の菊地凛子は、管理人のイメージにぴったりとはいかなかったけど、
ときどき感情的になる演技がけっこうリアルで怖かったです(笑)
(管理人のイメージだと直子は、仲間由紀恵とかだった)
でも原作はあんなに極端だったかなあ・・という感じもしました。
原作では直子の病気はぼかして表現されていたような気もしますが、
映画だとはっきり病気だとわかるようになっていましたね。
さて主役の松ケンですが、これもぴったりだったんじゃないでしょうか。
あまり特徴はないが、よく見るとこの人でもいいか・・と思わせるような顔というのも
ぴったりですし(笑)、セリフの言い方も小説のワタナベくんぽくて
よかったです。
でも19歳か20歳ぐらいで皆けっこう大人っぽいですね。
それぞれ抱えているものがあったりして、普通の大学生よりは大人っぽいという
ことなんでしょうかね。
ワタナベくんなんて、じいさんか、おまえは!(笑)と言いたくなるほど
老成した感じですしね。
まあ原作がそうだからしょうがないですけど。

一こ難点をあげるとすれば、レイコさんの扱いが小さかったってことかなあ・・。
小説だとレイコさんてけっこう要の人物だったような気もしますけど、
レイコさんが今の施設に7年もいる理由とか過去とかもばっさり
カットされてるし、あれがないと、最後に松ケンと寝たりする意味が
よくわからないと思うんだけどなあ。。。

まあそれでも全体的によくここまで作ったな・・という感じでよかったです。
主題歌もビートルズつかえてよかったなあという感じでした。
関連記事
baorin

いつも超ド近眼眼鏡をかけています。ああ、視力が良くなりたい・・・。好物はおすしです。性格はずぼらで人見知りです。こわい人がきらいです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://mysticdiary.blog.fc2.com/tb.php/416-4d35503d
← moon → 背景がどんどこ動く