mysticdiary

更新はLittleDreamでしています。右のバナーからどうぞ

あしたのジョー映画化かあ~

ちょっと、ちょっとすごい懐かしいんですけど~。
あの名作コミック「あしたのジョー」がなんと山Pで映画化ですって!!
ビックリだね。つ~か、矢吹丈を演じられる役者なんてこの世に存在しないと思って
たからさ、山Pって聞いたとき、少々拍子抜け・・・な感じがしないでもなかった(爆)

管理人は女子だけど「あしたのジョー」は子どもの頃大いにはまったよ~(歳がばれる!)
アニメは再放送世代だけど、アニメみて原作のファンになったってパターンかな。
もちろんそれから「ちばてつや」さんにもはまって、いろんな漫画集めたな。
大半は手放してしまったけど、ジョーだけはボロボロになっていまだにある。
映画化のニュースを見てから、懐かしくなって電子コミックでジョーを購入してみたよ。
これなら劣化の心配もないし。

あしたのジョー(1) (講談社漫画文庫)あしたのジョー(1) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄

あしたのジョー(2) (講談社漫画文庫) あしたのジョー(3) (講談社漫画文庫) あしたのジョー(4) (講談社漫画文庫) あしたのジョー(5) (講談社漫画文庫) あしたのジョー(6) (講談社漫画文庫)

by G-Tools

いや~、しかし何度読んでもスルメのように味わい深いというか、それぞれのキャラクターも
深みがあるし、いろんな角度から読めてしまうのがすごいよ、この漫画は。

あるときは、丈の気持ち、あるときは紀ちゃんの気持ち、あるときは葉子の気持ち、あるときは段平の
気持ちとかさ、一人一人の心情を考えながら読むと、ああでもない、こおでもないと
悶々と考えだして、夜も眠れなくなってしまうよ。
管理人は女子だから、特に葉子とか紀ちゃんと丈の関係とか心理が気になるんだよね~。
葉子は最後に丈に告白するけど、丈は葉子のことどう思ってたんだろうな・・とかね。
紀ちゃんのことちっとは好きだったのかな?とか考え出すと止まらない(笑)

この漫画は一応ボクシング漫画なんだけど、主題はボクシングじゃないよね、はっきり言って。
ようするに人間どのように生きるかという人類永遠のテーマが主題なわけで、ボクシングは物語の
一要素にすぎない。
人はそれぞれのキャラクターに自分の理想とする生き方を当てはめ、丈のように生きたいとか、
葉子のように嫌われてもいいから影で男性を支えたいとか、紀ちゃんみたいにドラマチックじゃないけど、
平和で安定した生活がしたいとか思うわけ。
このようにテーマが普遍的なんだから、40年たったいまも人気が衰えず、時代時代で新たなファンを
獲得しながら、殺伐としたこの時代に今やっと映画化というのはうなづける。(昔一度映画化はしてるけど)

主演の山Pはルックスはいいし、(ロンパリとばかにされることもあるようだが、ちばてつやのイラスト
を見る限り、丈は意外とロンパリなのでモーマンタイ。管理人はロンパリな所が逆に丈っぽい雰囲気が
出て良いと思っている)ボクシングもがんばってるようだし、
プロフィールを読むと意外と苦労人でもあるようなので、丈の持つ影のような部分はうまく表現でき
そうな気はする。あとは、生来持っている楽天的な明るさとか、少年らしい荒っぽさとかが
表現できれば・・と思うけど、こればっかりは監督の手腕にもよるだろうしわからない。

ちなみに、葉子は管理人の中では絶対鈴木京香だと思ってたけど、なんせ歳がなあ・・(爆)
あとせめて15歳ぐらい若かったら、適役だったのに。
(本人も葉子を演じたいと言っていただけに)
鈴木京香なら、一見清楚そうだけど気の強い財閥令嬢も難なく演じてくれそうだったのに。

あと、若手女優で葉子を演じられそうな女優というと、どうしても管理人は葉子に対して
クールなイメージが強いので、黒木メイサぐらいしか思いつかない。
葉子は絶対クールじゃなきゃいけないんだよ!!・・・と思う。(爆)

関連記事
baorin

いつも超ド近眼眼鏡をかけています。ああ、視力が良くなりたい・・・。好物はおすしです。性格はずぼらで人見知りです。こわい人がきらいです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://mysticdiary.blog.fc2.com/tb.php/156-8ea4fde0
← タータンチェックでさわやかに・・ → 新作はCSS3をちょこっと使ってみた