mysticdiary

更新はLittleDreamでしています。右のバナーからどうぞ

上野お散歩/黒田記念館周辺

昨日あまりにもお天気がよかったので、久々に散歩に繰り出しました。
最終目的地は上野の国立博物館の庭園です。
この庭園は普段は一般に公開されていないのですが、春の桜の季節と秋の紅葉の季節だけ
一般に開放され、見学できるようになっています。
ちょうと3月13日からというので、桜の季節にはちょっと早いですが、でかけてみました。

しかし、その前に国立博物館周辺の地図を見ていると、ふとその横にある建物に目が止まりました。
黒田記念館です。この記念館は黒田清輝亡き後、遺産で建てた記念館らしく、清輝の絵画が
なんと無料(!)で鑑賞できます。あの切手にもなっている有名な「湖畔」もあります。

kiyoterukohan.jpg



この記念館そのものが重要文化財なみに古くてすばらしい建物です。

uenomegurokan.jpg





さて、この黒田記念館に行くまでには、つきあたりの博物館の前を左に曲がりずっとまっすく
歩いていきます。この途中の道も散歩には最適で、見学したくなるようなスポットがたくさん
あります。
まず、管理人の目にとまったのは、博物館の正門の左横にある黒門。
これも普段は開いてないみたいなんだけど、この日は開いていました。

uenomon.jpg



ここから入ることはできないみたいですが、これも重要文化財みたいです。

さらにずっと歩いていくと、左手に見えるのが、旧東京音楽学校奏楽堂。ここも
重要文化財です。コンサートなどやってます。

ongakudou.jpg



そして横断歩道の向こうの角には、東京芸術大学があります。

uenogeidai.jpg



ここでも様々な美術の展覧会が開かれています。

そして、この角を右に曲がると、正面に見えるのが、黒田記念館です。

uenomeguro.jpg



この記念館は、絵画の横に、赤外線などで下絵を浮き上がらせたものを並べて展示してあったりして、
制作課程がわかるような、ちょっと工夫された展示になっていて面白いです。

管理人が一番感動したのは、「湖畔」もすばらしいですが、その横にあった大きな女性の裸体の三部作です。
「智・感・情」というタイトルです。

kiyoteruchikanjyo.jpg



すごく大きな作品で、一つの作品が横幅1メートル、縦2メートル以上ありそうな感じでした。
それが三つ並んでいると圧巻です。

kiyoterukao.jpg



横にはそれぞれの女性の表情をアップにしたものも展示されていました。
これメチャクチャ欲しいんですけど・・・(笑)
本当に美しいです。
この三部作ってなんとなくフランツ・フォン・シュトゥックの「火・水・空気」に
雰囲気が似ているなあ・・なんて思ったりしました。

さてさて、感動しきりの黒田記念館を後にし、まだまだ庭園に行く前にやることがあります!
黒田記念館の隣にある、国際こども図書館です。

つづきます・・

関連記事
baorin

いつも超ド近眼眼鏡をかけています。ああ、視力が良くなりたい・・・。好物はおすしです。性格はずぼらで人見知りです。こわい人がきらいです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://mysticdiary.blog.fc2.com/tb.php/144-1b674efd
← 上野お散歩2/黒田記念館周辺 → るんるん♪ロシア