MysticDiary

mysticな日常

世界の奇妙なものを集めたサイト

Posted by baorin on   0  0

トリニティカレッジ関連で思い出したけど、めちゃくちゃ美しい世界中の図書館を集めて紹介しているサイトがあります。「ODDEE」というサイトで、世界中の奇妙なもの不思議なもの、面白いものを集めて紹介しているサイトです。

sekainokimyou.jpg



世界にはこんなに美しい図書館があるのか!と驚愕。一度は行って実際に見てみたいなあ・・。

やっと第10弾が・・

Posted by baorin on   7  0

アイデアに詰まっていたのだが、やっと第10弾ができた。
今度はごくオーソドックスな型の3カラムに挑戦してみた。

goya.jpg



このなんとも美しい写真は著作権フリーである。ありがたいことこの上ない。
実は、最初ダブリンのトリニティカレッジの図書館の写真を使い、書評用のテンプレートを作りたかったのだが、なにぶん名所の写真のため、無料で使用できるものがなかった。

メルボルンのヴンダーカンマー博物館

Posted by baorin on   0  0

東京にあるヴンダーカンマーの聖地が小石川博物館なら、メルボルンではここかも!?
これは個人がやってる博物館なんでしょうかね・・・?
見に行ってみたいけど、オーストラリアじゃなあ・・。どのぐらいの規模なのか、HPみたかぎりじゃわからんし。でも楽しそうだよな~(笑)

wunder2.jpg




バラクライングリッシュガーデンに行ったけど・・・

Posted by baorin on   1  0

行ったけど・・ってまたまた含みのある言い方。なぜなのかは読んでみればわかります。(爆)
信州の蓼科にあるバラクライングリッシュガーデンに前から行ってみたくて、10月8日から、ちょうどバラクラ収穫祭で、庭園の中でいろいろなイベントがあるみたいなので、思い切って行ってきました。
行きは新宿から中央本線の特急あずさに乗って、2時間強。茅野駅で降りて、駅前から諏訪バスに乗って30分ぐらい。

CIMG0318.jpg


東京大学総合研究博物館

Posted by baorin on   0  0

前に、東京大学博物館小石川分館を見に行って、その帰りに本郷により、東京大学博物館も行ってきたことがある。(本題とはずれるけど、東京大学は散歩コースに最適!きれいだし、広々してて、建物も重厚、もちろん安田講堂も!赤門も名所だけど、正門はお城の門みたいだよ~。ここはどこ?日本なの?って感じ)

tokyohakubutu2.jpg


第9弾ができたど~!

Posted by baorin on   0  0

最近、すっかりこのレイアウトが気に入ってしまった管理人。今度は少し趣の違うテンプレートを作ってみたいと思い、なにを血迷ったか、さわやかな感じになってしまった。小さなお花がかわいらしいテンプレートである。

mysticflower.jpg



お花の画像は、パブリックドメインの画像配布サイトから流用している。多分ボタニカル・アートというやつであろう。本当に美しい作品が多い。以前に東京大学の博物館で見たことがある。(これについては後日書こうと思う)

さて、このテンプレートもおいおいfc2ブログで使用できるように、共有申請してみようと
思っている。しばし待たれよ・・・。


新しいテンプレートを鋭意作成中・・

Posted by baorin on   0  0

mysticdiary_mydiary.jpg第5弾として作成したテンプレートをとうとうFC2で共有テンプレートとして公開した。
たくさんの人々にダウンロードしてもらい感無量である。

しかし・・なんと、コメント欄に若干の表示不具合を発見してしまった!!一挙にテンションが下がる管理人であるが、そうも言っていられない。あまり高度なことはわからない管理人であるが、なんとか不具合が出ないように修正した。

ということで、10月13日午後以前に、テンプレートをダウンロードしてしまった方は、もしコメント欄に不具合が見られたら、最新のバージョンをダウンロードしなおすことをおすすめいたします。
その他の部分はまったく変えていないので、そのまんまでもまあ使えますが・・。
気になる方は是非。

神秘的なクリップアートが大量にあるサイト

Posted by baorin on   0  0

まさにMYSTICALなサイトを紹介します。

mysty.jpg



このサイトはクリップアートがメインというわけではなく、世界の神秘的なものについて紹介しているサイトなのですが、クリップアートのコンテンツもものすごく充実しています。
神秘的な素材をお探しの方は一度覗いてみては?とにかく膨大な数なので見るのも大変ですが、探す価値はあります。

ghostbar_haunting_line_ani.gif


該当の記事は見つかりませんでした。