MysticDiary

mysticな日常

怖い漫画

Posted by baorin on  


怖くてページがめくれなかったなんて経験のある漫画はそうそうあるものではありません。
ここで挙げる漫画は、最近のものではありませんが、管理人がトラウマになりそうなほど怖かった思い出のある作品ばかりです。特に美内すずえさんは、「ガラスの仮面」などで有名な少女漫画家ですが、管理人にとっては「恐怖漫画家」の位置付けになっています。ストーリー展開の面白さや幽霊の描写などは群を抜いています。新たな作品も読んでみたいものです。(無理っぽいけど・・)

マイケル・ジャクソンテンプレート

Posted by baorin on   0  0

なんだかんだって、このブログ、マイケル霊視!の記事が一番検索が多いって・・(笑)。注目度が違うのでありましょう。ものはついでに、マイケルのWEBテンプレートをみつけたので紹介しときます。
フォトショップ形式で画像がそのまんまダウンロードできるので、自分でも好きにカスタマイズできそうだけど、しかし、この画像って・・・著作権とかどうなってんのだろ??
フリーで配布してるってことは、許可はとってあんのかな?まあ、その辺は自己責任で楽しんでくださいな・・・。

michael.jpg



ちなみに、アルバムジャケットのデザインは、マーク・ライデンっていうちょいとコワかわいい毒のある絵を描くアーティストで、管理人はダイスキなのだ。

朗読者を読んだ

Posted by baorin on   1  0

つい先日、ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」を読み終わりました。最近では、ケイト・ウィンスレット主演で映画化もされました。でも小説を読むと、「愛をよむひと」という映画のタイトルはちょっと違うなあ・・などと思ってしまいました。ちなみに「愛を読む人」というタイトルのまったく別の小説も実際にあるんですよね。こちらもなぜかユダヤ人がらみみたいなんだけど・・。

この小説のテーマはいろいろ語られるところですが、管理人が注目したのは、「カタルシス」ということかなあ・・。昔犯した罪を償うために、代償行為をするってことなんだけど、結局これも人間のエゴで、代償行為なんて自己満足以外のなにものでもないってことなのかな。

第7弾もルネッサンス

Posted by baorin on   3  0

別にルネッサンスとは関係ないような気もするのだが、なんとなくルネッサンスなイメージで作ってみたいということで、できたのがこのテンプレート。
ヨーロッパの中世の雰囲気が好きなのだ。

mystic.jpg



もう少しタイトル部分を装飾できないか考えてみたのだが、これ以上手を加えるとよけいゴテゴテな感じになりそうなので、止めた(笑)。
今回は、リキッドレイアウトというのも少し使ってみた。これがやってみると、コンテンツを中央に寄せたりするのに一苦労し、ピクセル単位でぎっちぎちにレイアウトした方が簡単じゃないか~と思って、挫折しそうになった。結局やってしまったけど。あ~疲れた。

すてきな素材サイト

Posted by baorin on   0  0

最近、すてきな素材サイトを見つけたので紹介します。
外国のサイトなのですが、「The Inspiration Gallery 」です。
こんな感じのミュシャのボーダーやら、

bord_art_nouveau_012.jpg


宇宙の柄までもりだくさん。

bord_space_020-1.gif



サイトのトップなどに配置すると素敵なボーダー柄やバックグランドの素材を配布されています。
ちょっと他ではみられないような柄ばかりで感動します。
素材は無料ですが、リンクウェアみたいです。規約があるのでごらんください(英語だけど・・)。
商用利用は不可ですが、個人のウェブサイトや、テンプレートには使えるみたいです。

第6弾は3カラム

Posted by baorin on   0  0

第6弾は、初の3カラムテンプレートを作成してみる。管理人は2カラムの方がなぜか好みなのであるが、(画面が幾分スッキリして見えるからか?)3カラムでもスッキリみせることが
できないこともないのでは?と思い挑戦してみた。

結果、できたのがこんな感じであるが、やっぱり「ルネッサ~ンス!」と叫びたくなるようなイメージが好きな管理人は、こりずにいろいろごてごてと工夫してしまった。

ikasamashi.jpg



日付表示を工夫したかったのであるが、なんかこうイマイチなんだよなあ・・(笑)。
まあ、管理人の技術ではこの程度が限界か。
ちなみに、このテンプレートで使用しているイメージは、ジョルジュ・ド・ラトゥールの
「いかさま師」である。女性のずる賢そうな目つきがなんともいえずにユニークな管理人のお気に入りの絵画である。

第5弾は突然に・・

Posted by baorin on   0  0

第5弾は、なんだか前回のこてこて画像のオンパレードの反動なのか、極力シンプルに徹してみた。
いろいろやっているうちに、あれこれ画像を足したりしてみたくなるのが、素人のかなしさか。
いつのまにかごちゃごちゃな画面になってしまうので、今回はぐっと我慢。くぅっと歯を食いしばり、この程度のシンプルさにどうにか抑えた(笑)。タイトルは「Diary」。

notebook.jpg



いやはやそれにしても、ノートっぽいブログのテンプレートは管理人の憧れだった。一昔前なら文房具屋で鍵付きの日記帳などを買ってきて、そこにペンで書き込むのが普通だったのだが、今ではパソコンでできてしまうなんて、夢のようである。
このようなテンプレートには、自分だけの秘密をつらつらと自分だけのために書いてみたいものだ。
さらに改良を重ね、お気に入りのノート風テンプレートをもっと作ってみたい。

1Q84を読んだんだけど・・・

Posted by baorin on   0  0

読んだんだけど・・・って何?この含みのあるいい方は。って思った方も多いことでしょう。
いわずとしれた大ベストセラーのこの本、図書館で発売前から予約してようやく30番目ぐらいに読むことができました。貸してもらう時に、図書館のおねえさんに「人気のある本なので、期日までに絶対返してくださいね」と念押されました。(笑)今では予約が何百件とあるみたい。

ところで、読後の感想はというと・・
(以下ネタばれがありますので、内容を知りたくない方は読まないでください)
はっきり言って、管理人にはなんだかわけがわからなかった(爆)。
話自体はけっこう面白くてぐいぐい引き込まれてずんずん読めるんだけど、(特に、BOOK2の青豆が
教祖をいよいよ殺しにいくあたりのくだりは緊張感が半端ない)、結局BOOK1からの登場人物はいつのまにか消えてたり、これって伏線だよね?と思えたところも、BOOK2でいつまでたっても謎が解き明かされないため、いつになったら謎が解明されるんだ!と思いながら一気に最後まで読んでしまった感が否めない。(爆)

第4弾は芸術の秋にちなみ・・

Posted by baorin on   3  0

さてさて、楽しくなってきたテンプレート作りだが、ここらでいっちょ思いっきり自分の趣味を前面に押し出したテンプレートを作ってみたくなった。
まず、PNG画像で背景透過というのをしてみたいし、ボウッと暖かな光を放つランプの画像を使ってみたいし、好きなダヴィンチの絵画も使ってみたい。壁に絵が飾ってある感じはどうかな・・と思って、全部ごっちゃにして作成したのが、このテンプレートである。
タイトルは「ダ・ヴィンチ」。(そのまんま・笑)

lamp.jpg



下の方にモナリザの画像も追加した。
画像は写真などを使い、GIMPで加工してみたのだが、所詮素人の手習いの域を出ない。
ランプの光の描きかたもよくわからないので、適当に処理(笑)。
もう少し光をランダムに拡散させるようにしたかったのだが・・技術が足らず。
遠近もなんだか変だなあ・・。ま、いっか。

該当の記事は見つかりませんでした。