MysticDiary

mysticな日常

しるこサンド

Posted by baorin on   0  0

管理人、最近会社で「しるこサンド」なるビスケットをもらって以来、これにはまっております。松永製菓って所から発売されてるみたいなんだけど、管理人の近くのスーパーではこれの個別包装バージョンの方が一袋89円ぐらいで売ってます(安・・・)。しかしホームページ見てみると、しるこサンドスティックとか、どんだけしるこサンドにこだわってんだよ(笑)って感じですね。でも妙にうまいんだよな~。ビスケットにしるこ(あんこ)ってのが、ミスマッチなんだけど、意外にあうのだな。食べだしたら止まらん。

230 star



今でも売ってるけど、あんバタみたいなもんか。コッペパンにもあんバタバージョンがあったな。和と洋のコラボレーション。限りなく魅力的・・。おすすめです。

しかし、しるこサンドのキャラクターってもろ「○○パンマン」のパクリっぽいな・・。まああっちは丸でこっちは四角だから一応問題ないけど。あんこつながりか(爆)。

ルネ・ラリック展

Posted by baorin on   0  0

先日、六本木の国立新美術館で「ルネ・ラリック展」に行ってまいりました。もう一言、素晴らしい!!
これは一見の価値あり。素晴らしすぎて言葉がでないです。ひたすらうっとり、恍惚に人になってまいりました。管理人は箱根にあるラリック美術館にも行ったことがあるのですが、あの美術館以上に内容も充実。箱根の美術館からもちょっと持ってきているのかも知れませんが、これでもかってぐらい展示品が多くて、ものすごいじっくり見てたら一日潰せるんじゃ?ってぐらいの勢いでした。

驚異の部屋展

Posted by baorin on   0  0

wunderkammer(ヴンダーカンマー、驚異の部屋)って知ってますか?これは昔、昔の西洋諸国で貴族やお金持ちが珍品をコレクションして展示していた部屋のことを言います。博物館のはしりといったところなのでしょうか。古今東西の動植物の剥製や標本、奇妙奇天烈なものを蒐集して展示しては悦にいったり、自慢しあってたのでしょうかね。

wunnder.png



そんなヴンダーカンマーの世界をちょっと体験できる博物館が東京小石川にあります。東京大学総合研究博物館の小石川分館です。ここでは常設展示として「驚異の部屋展」というのをやっています。いまのところ終了日時は決まっていないみたいです。


HAPUNAに行ってきた

Posted by baorin on   0  0

品川プリンスホテルの人気ビュッフェレストラン「HAPUNA」に行ってきました。管理人は2回目なのですが、相変わらずおいしかった~。最初はお盆の土曜日に予約とりたかったんだけど、ディナーはすでに予約がいっぱいみたいなので、お盆の前の週になってしまいました。ここは高級感はただよってるんだけど、ファミリーでも気軽に行けるカジュアルな雰囲気もあるし、とっても利用しやすいです。

いつも感心するんだけど、このビュッフェでいいところは、あんまりありきたりな料理は少ないところかな。よくメニューの数は多いんだけど、カレーとかスパゲッティとか、チャーハンとか(HAPUNAのメニューにもあるけど)いつも食べられるようなメニューでうまってるビュッフェってあるんだけど、ここのメニューはシェフが一工夫して作ってる感があって、飽きないです。

マックのソフトはうまいがすぐ溶ける

Posted by baorin on   0  0

マックってパソコンのことじゃないですよ。マクドナルドのこと。そして管理人が言っているのはマクドナルドのソフトクリームのこと。
マクドナルドの100円ソフトがずっと気になっていた管理人・・。休日に前を通りかかったので、ちょうどおやつの時間だし購入してみました。家まで5分ぐらいの距離だから、家に帰ってゆっくり食べるつもりだったんだけど・・・。
あいにく、その日は真夏日で外は気温30度超えてました。もう家に帰るどころじゃなくて、歩くそばから、デロンデロンに溶け出して大変!それでも執念で家までなんとかたどり着こうと、必死の形相で溶けてくるソフトを舐めながら、小走りで商店街を駆けぬける管理人・・・。

あほか。なんとか家にたどりついたけど、ゆっくり食べる暇もなく、半分以上溶けてるっつ~か、食べちまったっつ~か。あ~素直にお店で食べてりゃよかった。でもうまかった。

迎賓館に行ってきた

Posted by baorin on   0  0

水曜日に迎賓館の参観に行ってきました。前から見てみたいと思っていたので、楽しみにしていました。さて、メトロ四ツ谷駅から外堀通りを5分ぐらい歩くと、迎賓館の正門が見えてきます。同じく参観の人達がぞろぞろ歩いているので、道に迷うことはないです。
正門からは入れないので、とりあえず豪華な門の前で記念撮影したり、門ごしに中のお庭を覗いたりしました。すっごいきれい。
さて、入場は右側の方にある西門からです。ここで参観証を提示して、中の案内所で手荷物検査とか金属探知機のゲートをくぐったりします。赤いバッジを渡されて後は自由に見学できます。

geihin1.png


ボランティアの人達がところどころに立っているので、道順を間違うことはありません。敷地内に入ると、まず迎賓館の全景が見れます。ただ、正門前だだっ広いお庭は門が閉まっててみることができませんでした。ここが一番すごそうなんだけどな・・。

該当の記事は見つかりませんでした。